私たちのこと

STORY

〜ねりまなぶのはじまり〜

仕事から帰り、洗濯物を取り込み、夕食の支度をしながらしながら子どもの宿題をみる。「終わった?」「また名前書いてない!」「ここ間違うよ。」「単位書き忘れている〜」そんな声が漏れる毎日。でもしっかり見ていないから、「漢字の書き順は大丈夫かな?」「音読って意味あるのかな?」「毎日親に言われてやる宿題って何のため?」「また怒っちゃった。」そんな気持ち。

そんな宿題を疑問に思った保護者が、友人の小学校の先生にインタビューをしました。そして、宿題には子どもの将来への願いと、家庭とのコミュニケーションの意味が込められていることを知りました。そこで、効果的な家庭学習方法を探るべく、塾で聞き込み、家庭教師に尋ね、楽しい音読の方法を見つけました。

さらに、小学生の子どもを持つ親にきくと、同じような悩みを抱えていたので、みんなが宿題を楽しめるようにと宿題寺子屋をはじめることにしました。早速お寺に相談すると、地域の子ども達のためにと快く場所を貸してくださいました。モニター協力をしてくださるご家庭、一緒に運営するスタッフや協力者にも出会いました。

モニター実施初日にはお寺の方から子ども達に「思いやりの心」を教えていただきました。モニター期間中は毎回振返りを行ない、効率的な学習、学び方を知る方法、楽しさ、達成感などを追求した仕組み作りやツールは日に日に改善していきました。

「将来一人で自主学習ができる素地作り」このためは、ひとりひとりに合った学習方法を実践することです。宿題寺子屋ねりまなぶのそんな挑戦はまだまだ続きます。

 

HISTORY

2017年 9月 東本願寺真宗会館に相談。

2017年10月 小学校教諭インタビュー。ツール・しくみ作りスタート。

2017年11月 モニター学習スタート。

2017年12月 練馬子ども食堂代表とお顔合わせ。どんぐりの家代表が見学。

2018年 1月 モニター学習第2期・公開募集スタート。

 

STAFF

代表

■相島幸恵(あいしま さちえ)■

2児の母。ニューヨーク州立大学演劇学部卒業。

<資格>

練馬区認定スポーツリーダー、ダンス教育・療育指導士、TOEIC920

<教育活動>

英会話講師歴14年、こども英語講師トレーナー。大手英会話学校にて乳児〜シニアのレッスンを担当、子ども教務主任となる。出産後、個人英語教室を運営し、現在は企業にて保育園・学童向けの英語カリキュラム作成と講師の育成、また保育ダンスプログラムの開発に携わる。

公文式採点スタッフ経験あり。

<地域活動>

2007-09年 東京都北区での活動

○国際交流協力ボランティア活動 ○サークル英語に触れよう 立ち上げ ○ママ英語主催 ○サークルみんなでエクササイズ 立ち上げ ○ママHIPHOPサークルShine More  立ち上げ

2010-13年 大阪府豊中市での活動

○豊中市遊びのボランティア活動 ○サークル英語に触れよう豊中 立ち上げ ○英語劇サークルLet’s Play 立ち上げ ○エアロビ&ダンスサークルSWEAT 立ち上げ ○ひとりでお弁当つくるもんの会 主催 ○音訳グループエコー活動参加

2015年以降 東京都練馬区での活動

○英語サークル Cherry Blosom 主催 ○働く親と子のよりどころ活動GO GO KIDS 主催 https://gogokids.amebaownd.com

 

スタッフ

■藤代舞(ふじしろ まい)■

3児の母。日本社会事業大学卒業。

<資格>

社会福祉士、精神保健福祉、介護福祉士

<教育・地域活動>

家庭教師、ベビーシッター、チビプレ(プレーパークちびっこ版)運営協力委員経験。

高齢者施設(デイサービスセンター、特別養護老人ホーム、地域包括支援センター)の生活相談員として、新規利用者の訪問面接や契約手続き、保険算定業務等行う。研修部門で研修の企画運営を担当。地域向け広報誌の立ち上げ、職員採用のための新規イベントの立ち上げ、運営を経験。常勤で11年働いたのち、子育てのため退職。

 

Special Thanks To:東本願寺真宗会館様、木下綾香小学校教諭様(兵庫県)、匿名小学校教諭様(埼玉県)様、鷲尾聡子様、丸山絢子様、金子広美様、大隅裕子様、松村晶子様、松村大輔様

 

NAME

宿題寺子屋ねりまなぶに込めた思い

江戸時代に読み書き・算盤を教えていた寺子屋には、様々なバックグランドの子ども達が集りました。農民には農業の教科書を、商人には商人の教科書を使い、それぞれの子ども達に必要な知識を教えていました。子ども達ひとりひとりに合わせた学習方法を知ってもらいたいという願い、そして練馬の子ども達が学ぶことについて発信したいという想いを込めて、宿題寺子屋ねりまなぶと名付けました。

高額な塾に通わなくても、丁寧に学ぶことができる。学習に困難を感じている子どもがいたら、ねりまなぶの方法をご家庭でも試してみてください。